MEMOLOG メモログ ガンダムワールド 2014 IN仙台 忍者ブログ
気になる事、覚えておきたい事等をメモ。 その他には気になる商品や時事ネタ等を紹介してメモログ。LINEスタンプ販売中!!
ガンダムワールド 2014 IN仙台にいってきました。
2012年にはお台場に実物大ガンダムをみにっていたのですが(お台場ガンダムRX-78 !!)
近くでやっていると見に行ってしましいます。
今回は夢メッセみやぎで開催しており実物大ガンダムは無かったのですが、入場してすぐに実物大のガンダムヘッドとシャアザクヘッドが御出迎え。シャアザクは「ヴォン」とモノアイを起動させ左右を確認します。

ガンダムと言えばMS.MAに注目がいきますが、その魅力は詳細なメカニズムを元にした設計であったり、リアルな内容で大人も魅了し続けています。
長年、おそらくこの先も半永久的に人気は衰える事は無いと思いますが、その根拠にMS.MAだけでなくガンダムの世界観を作り上げる環境設定にも緻密なリアルを感じさます。

その中でも切っても切りはなせないのがスペースコロニーの存在です。
ガンダムに出てくるスペースコロニーの基になったものがあり、実際に、1969年に当時アメリカのプリンストン大学教授であったジェラルド・オニールらによって提唱された、宇宙空間に作られた人工の居住地を基にしているとの事でした。
その教授が提唱したスペースコロニーのデザインの中でも「島3号」と呼ばれるデザインをほぼそのままのデザインで踏襲してガンダムの世界に登場させているとのこで、ガンダムの世界を作る上げるにはよりリアルで説得力のある設定に基づいて構築する事で、飽きる事無くアニメとはいえども現存するもう一つの世界であるかの様な認識をさせられます。

スペースコロニーは技術上は作成可能と聞いたことがありますが、莫大な資金が必要だと聞いた事がありますが、クラタスの様にガンダムの国として日本人がいち早くMS.MAを作って「MADE IN JAPAN」の名を刻み込みたいものです。

ガンダムというモノがこの世にあった事で、ガンダムにあこがれ、魅了された事でぼんやりとでも目標とする世界観が頭のどこかに刻まれ、知らず知らずにインスパイアされている人は沢山いると思います。

その事がきっと今のロボット技術の発展に繋がっているとおもうので、いち早く日本人としてガンダムMS.MAをつり上げてほしいものです。




※左:RX-78-2 ガンダム
※右:シャア・アズナブル専用 ザクII

第08MS小隊陸戦型ガンダムも参入のジオラマ
 
※左:Jr.モビルスーツ
※右:Zガンダム

※左:Zガンダム
※右:vガンダム

※左:ユニコーンガンダム
※右: バンシィ・ノルン


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
Google
楽天
Amazon
Twitter
yahooオークション
A8.net
VC
admax
© rakugaya Kenichi.th All Rights Reserved
URL:http://monsuke.blog.shinobi.jp/
忍者ブログ[PR]